読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【少食のススメ】

こんにちは

 

 

さんそうです

 

 

国内で
また世界中で
被災されてるみなさま
心よりお見舞い申し上げます

 

 

今日は
少食のすすめについて
お話しします

 

 

当クリニックのオススメするのは
一貫して少食健康法なのです

 

 

万病一元血液の汚れから生ず
の言葉通り血液をきれいにするのは
水分を摂るからではありません

 


少食になり行く末は食欲を管理
することなのです

 

 

聖徳太子憲法の中に「饗を絶ち、欲を拾てよ」と
言っている。饗とは、宴会やごちそうのことで
「己に克って粗食に安ぜよ」という意味である

徳川家康には曲直瀬道三(まなせどうざん)が
侍医をしていたが、家康は曲直瀬の説に従って
常に粗食少食、玄米食で、よく
真の養生法を守った

曲直瀬道三は、美食を戒め精進をすすめて
肉食はいけないと、菜食をすすめている

世界の発明王エジソンは九昼夜も
不眠不休で働いており、門人六人も
若いにもかかわらずみなエジソン
同様の生活をしていた、という

研究の忙しい時には、食量は非常に少なく
パンと野菜と果実と、たまに小魚も
イワシの油づけなどを食べる程度
肉などほとんど食べなかった

かつて「製薬王」星一エジソンを訪ね
「あなたはどうしてそんなに発明が
できるのですか?」と質問すると
エジソンは「考えればだれだってできる」と
答えた
星がさらに「考える時間をどうして
生み出すのか」と聞くと「寝なければ
八時間はあるじゃないか」「どうして
寝ないことができるのか」「食べ物を
少なくすればできる」と答えた

(以上は玄米食提唱の東大教授 
二木謙三著『『健康への道』より』

つまり、食べないほうが健康になり
脳の活動もより活発になるというわけでー
二木教授自身がこれと同じ方法を
実践しており、忙しい時には寝ずに
食べずに働いた

したがって寝る時間は一定していない
要するに人間は、食べなければ
ならないというものではない

少なく食べておれば寝る時間も
少なくてすむのです

 


詳細につきましては
下記までお問い合わせください

 

 

高血圧、糖尿病、痛風、リウマチ
肌荒れなどでお困りのあなた
ほんとの健康を
手に入れたいと思っている
あなたはご相談ください
お問い合わせ・お申し込みは
kyotoorientalnt@gmail.com
あるいは050-3736-6523まで

 


高血圧でお悩みのあなた
http://orientalnt.jimdo.com

ガンでお悩みのあなた
http://kyotoontc.jimdo.com

糖尿病でお悩みのあなた
http://kyotoontt.jimdo.com

 


本日もご覧いただき
ありがとうございました
三双(さんそう) 敏郎