読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【少食のきっかけがつかめないあなたへ】

おはようございます

 

京都市伏見区生活習慣病(ガン・糖尿病・痛風
高血圧・無呼吸症候群・肥満・アトピー性皮膚炎等)
専門の京都東洋自然療法クリニック
の【院長 三双(さんそう) 敏郎】です

 

国内で、また世界中で
被災されてるみなさま
心よりお見舞い申し上げます

 

今日は
少食を実践するきっかけ
についてお話しします

 

わたしが少食を実践
したのは昨年の9月

 

前月の8月に仲良くして
もらっていた会社の社長が
腎盂ガンで、68歳で亡くなり
その亡くなっていく姿を見て
「この人の死をムダにしない」と
いう思いがあったことと
亡くなる数ヶ月前に、俳優の
榎木孝明さんが1ヶ月間の不食
実践されてたことがきっかけに
専門書を読み漁るようになり
実践し始めました

 

それまでは朝食を食べて
それだけでは足りない
やろうからと少し食べ
昼食もお弁当とプラスアルファ
夕食前にも食べ、夕食を摂ると
いう生活

 

今から思うと
これではいくら運動をしていても
やせませんよね

 

少食を取り組み始めた
きっかけとなった
言葉があります。

 

仏教の世界には、
「一日一食は聖者の食事。
一日二食は人間の食事。
一日三食は動物の食事」
という言葉があり


中世の西洋には、
「一日一食は天使の生活。
一日二食は人間の生活。
一日三食は獣の生活」
という諺があったと

 

一日一食が聖者や天使なら
やってみようかなという
不純な動機で2ヶ月で17kg
やせてしまいました

 

人生ってどういうきっかけで
反応するのかホントわからない
ものですね

 

少食はこれまでの生活習慣を
一掃し、代謝力や免疫力を
増やし病氣になりにくいカラダを
作ります


少食を生活の基準にすると永続的に
免疫力や代謝力を促進し健康体を
続けることができ、病氣にもなりにくい
のです

 

少食を実践されることを
オススメします

 

肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております

 

肥満でお悩みのあなたはこちらをクリック
http://kyotoontd.jimdo.com

高血圧でお悩みのあなたはこちらをクリック
http://orientalnt.jimdo.com

ガンでお悩みのあなたはこちらをクリック
http://kyotoontc.jimdo.com

糖尿病でお悩みのあなたはこちらをクリック
http://kyotoontt.jimdo.com

 


本日もご覧いただき
ありがとうございました
三双(さんそう) 敏郎