読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【食べないことに必死】

おはようございます


少食で
2ヶ月間で17kg(82kg→65kg)やせた
【 三双(さんそう) 敏郎】です


ご覧いただきありがとうございます


国内で、また世界中で
被災されてるみなさま
心よりお見舞い申し上げます


一般的にガツガツ食べている人や動物に対し「食べることに必死」とよく言いますが、そういうことを聞くと少食をオススメしているわたしとしては、「食べないことに必死」ということがあってもいいのではないかと思ってしまいます。

会食などがある時でも食べたくない時は、検査前なのでなどと言ってていねいに断っている自身を見た知人が、「食べないことに必死だね」と皮肉まじりかこんなことを言ってました。

少食を始めた頃は、そう言った言葉にもすぐ反応していましたが、いまでは声をかけてくれることだけでありがたいという気持ちに変わってきました。

人間は動物の一種ではあるものの、世界中の人類全てに当てはまることではないですが、飽食とまで言われるまで、食べ続けていることになにも疑問すら感じなくなってきているその感覚に??を感じざるを得ません。

高血圧、糖尿病、ガンなどは生活習慣の成れの果ての症状なのですから、生活習慣を少し変えるだけで症状も改善していくんですけどね。

来院される皆さんに「食べないことに必死になりましょう」とお知らせしてますが、初めて聞かれた方は全然飲み込めないこの言葉も、少食を続けていただき、体調に変化が見られる方はわかっていただくようになります。

少食にすることで、むしろ食に対し尊厳とありがたさ、感謝の念が増し、ていねいにいただくという好結果を生み出し、よりていねいな人生を歩んでいけるのではないかと思っています。


少食はこれまでの生活習慣の常識を
一掃し、代謝力や免疫力を
増やし、病氣になりにくいカラダを
作ります


少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることを
オススメします


肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております


本日もご覧いただき
ありがとうございました


京都市の少食健康法の
京都東洋自然療法クリニック
三双(さんそう) 敏郎