読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【足がむくみ始めたあなたへ】

おはようございます


少食で
2ヶ月で17kg(82kg→65kg)やせた
【 三双(さんそう) 敏郎】です


ご覧いただきありがとうございます


国内で、また世界中で
被災されてるみなさま
心よりお見舞い申し上げます

今朝も一段と冷え込みました。

知人のパン教室主催のご婦人が、体調不良とのことでお話しをうかがうことに。

足がむくみ、下半身が冷たいと言われて。

そこで思ったのが、水分の摂りすぎと食べすぎかもと。

やっぱりそうでした。

食事は三食にパン教室で食べる分とお茶もよく飲むそうでした。

高齢になると同じ量の食事をしていても代謝が落ちますので、どうしても老廃物もたまっていくようになり、血液も汚れていき、血流も悪くなり、体温も下がってきます。

漢方薬やその他の薬を服用しても、原因を解消できない以上は、再発の可能性は非常に高くなります。

このようなケースでは、まずは食事回数を減らし、消化器官の負担を軽くすることから始めていくことをオススメします。

そうすれば消化器官を能動的に活動し、免疫力が上がり、体温も上がってきます。

最初は一食をやめてみる。

しばらくして慣れてくるともう一食を一日置きにやめてみる。

そうしながら体調を確認していきます。

食事回数を減らすことは慣れると全然どうってことないのですが、慣れるまでは辛抱がいりますね。

それでも、体調がよくなるので病気でない方でも少食されれば、三食が必要ないことがわかるでしょう。

少食はこれまでの生活習慣の常識を
一掃し、代謝力や免疫力を
増やし、病氣になりにくいカラダを
作ります


少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります

 

少食を実践されることを
オススメします

 

肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております


本日もご覧いただき
ありがとうございました

京都市の少食健康法の
京都東洋自然療法クリニック
三双(さんそう) 敏郎