読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【肩凝りや首の凝りにご用心】

おはようございます


少食で
2ヶ月で17kg(82kg→65kg)やせた
【 三双(さんそう) 敏郎】です


ご覧いただきありがとうございます

今日は凝りと脳梗塞心筋梗塞の関係についてお話しします。

心筋梗塞
血栓が冠動脈に詰まり、そこから先への血流が極度に減少して心筋が壊死し、心筋の活動に必要な養分が滞ると、激しい胸痛を起こし、ひどくなると心臓が停止します。

それが心筋梗塞です。

凝りと脳梗塞心筋梗塞の関係
西洋医学は凝りを軽視していますが、東洋医学では凝りを重大視します。

凝りは血液の流れが悪いことと、血液が汚れていることを示す現象だからです。

とくに肩や首が凝った時は非常に危険視するのは、心筋梗塞脳梗塞の誘因とみているからです。

老廃物を濃縮した血液が鬱血し、その結果極度に筋肉が硬直するのが凝りなのです。

肩や首が凝ると、肩や首の血管も硬直した状態になり、血流も極度に悪くなり脳への血液補給が激減します。

そのサインが頭痛です。

脳細胞は酸素や糖分が不足するとすぐ死んでしまうので、心臓の働きを高めてより多くの血液を確保しようとします。

その結果、心臓にも負担がかかり、心筋梗塞脳梗塞を引き起こす一因になるのです。

この季節、気温の低下による体温の低下で、肩凝りや首の凝りには注意したいですね。

 肩こりには温めましょう↓

 

あずきのチカラ 首肩用

あずきのチカラ 首肩用

 

 

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります

 

少食を実践されることを
オススメします

 

肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております


本日もご覧いただき
ありがとうございました

京都市の少食健康法の
京都東洋自然療法クリニック
三双(さんそう) 敏郎