読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 少食の本当の目的を知らないあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

新規のクライアントさんからご質問いただきました。

ありがとうございます。

「ダイエットなら少食せずに痩せられる治療院さんやジムがありますが、なぜ少食にこだわるんですか?

そんなにしんどい思いをしなければ痩せられませんか?」

最近、いろんな技術をお持ちになった先生がたくさんおられます。

今の生活習慣を続けながらラクに痩せられる方法は、たくさんあります。

痩せるだけならこちらでなくても他所でもじゅうぶんできると思います。

こちらでお伝えするのは、痩せることが第一の理由ではありません。

今の食生活が、いかに食べすぎかということをご理解いただき、カラダの状態の原因を究明し、体質を改善することが当クリニックの目的なのです。

少食に慣れれば免疫力や代謝力が上がり、健康なカラダを自ら創り出すことができるのです。

ちょっと食べすぎたなあと思ったら、次の食事はやめておく、そんな加減ができるかできないか?
これは健康なカラダ作りの上で非常に大事なのです。

少食は空腹をガマンできない、現代人への警鐘と言っても過言ではありません。

いまのテレビや本などを見ていると、食べることの喜びや愉しみは、ある意味麻薬中毒に似たような感覚にさえ思えます。

子どもの頃から親から食べることを教えられました。

三食しっかり摂って、お百姓さんが一生懸命育てた食べ物を残してはいけませんと。

親の話しも正しいだろうけど、食事の量などはホントにカラダにいい量なのか?

事実を見極める能力を身につける必要があります。

食欲をコントロールできるようになれば、痩せることは簡単にできるのです。

少食は自制心を身につけることなのです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることを
オススメします


肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎