読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 肉の食べすぎに注意】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

今日は、血液を汚す最大の原因は動物性タンパク質の摂り過ぎ、についてお話しします

血液が汚れる、もっとも大きな原因が食べ過ぎ、飲み過ぎです。

食べ過ぎることで胃腸に大量の血液が集中するために、大腸、腎臓などへの血流が不足し、排泄が悪くなって血液中に老廃物がたまるのです

特に問題なのは動物性タンパク質の摂り過ぎです

動物性タンパク質は食事全体の10%程度でいいのです
石原結實先生著:空腹力より

動物性タンパク質は牛、豚、鳥肉ですね

これらの脂は、人間の体温では溶けないので、胃腸が消化するためには、ものすごく負担がかかります。

それで一日三食食べたら、余計に老廃物が排泄できず、人体にたまってしまいます。

そのためにも食事の回数を減らし、空腹状態を保つことが重要なのです。


少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることを
オススメします


肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎