読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 牛乳の知られざる事実】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善パーソナルアドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

牛乳や乳製品の表に出ない事実

「骨になるから、牛乳を飲んでカルシウムを取りましょう!」という通説が当たり前のようになっていますが、それは、乳製品企業の洗脳とお考えください。

確かに牛乳には、カルシウムが豊富に含まれていますが、それは、イオン化カルシウムと言って、水に溶けるカルシウムなのです。

人体にはどうなってるかといいますと、牛乳を飲むと、逆に、急激にカルシウムが入りすぎ、体内はパニック状態になり、それを調整するために、本来備わっておくべき体内のカルシウムを放出してしまうのです。

そう、身を削り滅ぼす、悪のカルシウムがイオン化カルシウムです。

ちなみに、牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロするとか、下痢になる方が少なくないようですが、それは人体の拒絶反応、腸が危険を察知し、人体を守るため強制排除をしているのです。

牛乳はそもそも体温が人間とは違う子牛の飲み物で、人体に全く合っていない飲み物ですので、お子様などに無理やり飲ませるのは、虐待同然です。

つまり、牛乳を飲むと、腸内微生物は大パニックになり、瀕死状態になるのです。

わたしも学生のころは水代わりと言っていいくらい、牛乳を飲んでましたが、いまはほとんど飲まなくなりました。

それでも健康そのものです。


あらゆる万病の元は血液の汚れです。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善パーソナルアドバイザー
三双(さんそう) 敏郎