読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 食べないとパニックになるあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善パーソナルアドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

食生活を改善することでパニックを防ぐ

一日三食食べることが当たり前になっている今の世の中、それが逆になければならなくなっていませんか?

小さいときから摂るようにとあらゆる周りから教えこまれてきて、現代栄養学や行政も三食は切れないというよう刷り込まれ、体調面が思わしくなくなり化学療法や手術療法などに頼っているのが今の日本ではないかと思います。

一度刷り込まれてしまうと、呪縛のようになり一食でも食べないとなると、カラダがおかしくなる、貧血で倒れるなどと言われます。

それだけ食に対して自制が効かなくなっているのです。

昨日も書きましたが、一食でも食べないと食べることの楽しみがなくなるかのように、ほんとうに知らない人は言うものです。

人類の歴史において、そのほとんどが飢餓状態ですごしてきており、食べないことでの耐性は十分ついているのですが、この100年弱の歴史において、飽食とまで言われるようになった十分すぎるほどの食生活に対する耐性はほとんどついておらず、いろんな症状を引き起こすのです。

それが生活習慣病と言われるもので、飽食の時代の象徴とも言える症状なのです。

それを防ぐためにも食生活を改善し、一食食べなくてもパニックをおこさない氣持ちのゆとりを持ちたいですね。

あらゆる万病の元は血液の汚れです。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善パーソナルアドバイザー
三双(さんそう) 敏郎