読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 空腹がカラダにいいことを知らないあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善パーソナルアドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

お腹を空かせることが免疫力や代謝力を上げることをご存知でしたか?

おなかが空いたら体力が落ち、元気がなくなるとほとんどの方が思われてるでしょう。

それどころか、食べないと弱って死んでしまうと思われる方もおられるでしょう。

しかし普段から空腹の状態をせずに食べ続けていると、カラダの消化器官が常に食べたものを消化させるためだけに働き、十分に消化しきれずに体内に残ってしまうというカラダにとって悪循環を引き起こしているのです。

人間には、消化は排泄を阻害するという生理現象があり、排泄作用に入っている時に食べると排泄が十分にされなくなるのです。

カラダにとって理想的な食事とは、食べたものを消化、排泄するまでは食べないことなのです。

食べてから消化し排泄するまでは一般的には約18時間要します。

夕食を18時に食べると、翌日のお昼が18時間後です。

なので、理想は一日一食なのです。

三食食べられている方は、まずは二食にしてみることをオススメします。

血液の汚れは食べすぎが原因です。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎