読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 環境の変化に気づいてないあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

一日三食の生活が当たり前になっていますが、医師の数は増えているのに生活習慣病を含む病氣になられてる方々が減らないのは、どうしてなのでしょうか?

昔から、
「腹八分目に病なし」
「腹十二分に医者足らず」
と言われてるように、今の生活は腹十二分の状態なのです。

食べすぎは免疫力の低下を招き、病氣や肥満、むくみや皮下出血のようにさまざまな信号を出して、今の体内の状態を教えてくれます。

三食を勧め始めたころは今ほど便利な世の中にはなっておらず、 産業も農業などの体力を必要とする時代だったためあさ仕事をしてから朝食を食べていたため代謝が落ちなかったのです。

一日三食はカラダを動かさなくなり代謝力が落ちはじめている成人には多すぎるのです。

生活環境の変化が大きすぎてさまざまな症状が出て、それに対応できる医師の数が追いついていないのかもしれませんね。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎