読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ あなたのそのガン、食べすぎが原因です】

こんにちは


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です


ご覧いただきありがとうございます

食べ過ぎがガンを育てる?!知っておきたい少食・断食のガン予防効果

日本人の死因で一番多いのがガンであることをご存知の方は多いと思います。

そのガンですが、少食・断食にその癌を予防する効果があるという研究結果があるのをご存知ですか?

厚生労働省が発表する日本人の死因No.1は、悪性新生物(ガン)なのです。

このガンは悪性新生物とも呼ばれるとおり、身体に新たにできる悪性の生物(細胞)です。

身体の中に新たに生物が育つのは、体内に過剰な栄養があるためで、過剰な栄養が供給され続けるので、ガンはどんどん育っていくのです。

なので、適切な量を食べて、身体に必要な栄養だけを摂取していれば、ガンは育たないのです。

そしてガン細胞が生じても、育ってしまう栄養の供給を遮断すれば、当然のことながらガンは育つことができなくなるのです。

その過剰な栄養の遮断ができるのが、断食であり、少食なのです。

カリフォルニア大学バークレー校のヘラースタイン博士が、「断食をすると抗ガン効果がある」と発表しています。

マウスを使った研究で、マウスを一日おきに断食させると、細胞分裂の速度が低下したと発表されてます。

ガン細胞が分裂・増殖を繰り返すことで、広がっていく性質のものだとわかれば、細胞分裂の速度が低下するということがどういう意味かわかります。

断食をすると、細胞の分裂・増殖を妨ぎ、ガン細胞の増殖を防ぐことになりますので、抗ガン効果があるのです。

ガンを予防する効果がある一日二食・半日断食・週末断食をすることは、この飽食の時代だからこそ、より重要だと言えるのです。


少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることを
オススメします


肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎