生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 古くからの格言】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

ピタゴラスの格言

「人の病気は、食べ過ぎと質の間違いから」
「少食にすれば心身共に頑健になり、病の神も汝から去る」
「断食は健康の維持と回復のために、飛び抜けて適した方法である」


少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎     

【健康コンシェルジュ 病氣の原因は食べすぎということを知らないあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

脾胃とは消化器官のことを指していて、具体的には胃腸のことです。

食べ過ぎていると胃腸にも余裕がなくなり、十分に消化できずに留まることになります。その結果、それが体の中で毒になってしまうということです。

現代社会では食べれずに病気になるよりも、食べ過ぎで病気になるケースが多くなっています。

特にメタボと呼ばれるような体型になったり、生活習慣病を抱えている人は、食べれずに病気になっているわけではありません。

しかし、小さい頃に「食べないと力が出ない」「食べないと病気になる」という言われ続けた言葉が頭にこびりつき、ある種の強迫観念になっているケースもあります。

確かに小さい頃に成長のためにエネルギーが多く必要な時期には言えることではありますが、筋力も代謝も落ちていく年齢に差し掛かっても、同じルールを適用してしまえば、体がパンクしてしまいます。

貝原益軒が述べているように「脾胃の中にゆとり」を作ってあげることが重要です。つまり休養して十分に働けるような状態にしてあげるということです。

こういった面から見ても、一日二食の半日断食などにより16-18時間といった時間を胃腸が休息できるようにしてあげることは健康のためには効果的です。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 食べるもので奇跡がおこる】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

≫「わかめの味噌汁と玄米食」で自分の結核を克服したと信じていた秋月辰一郎医師は、スタッフ全員に「わかめの味噌汁と玄米食」を勧めていました。また砂糖(甘い物)は避けるように指示しました。≫
* * * * *
以下コピペ。
≫ 長崎の原爆投下直後から、献身的に被災者の救護・治療に活躍された、聖フランシスコ病院の秋月辰一郎医師は、「昭和20年8月9日の原子爆弾長崎市内を大半灰燼にし、数万の人々を殺した。
爆心地より1.8キロメートルの私の病院は、死の灰の中に廃墟として残った。私と私の病院の仲間は、焼け出された患者を治療しながら働きつづけた。私たちの病院は、長崎市内の味噌・醤油の倉庫にもなっていた。玄米と味噌は豊富であった。さらに、わかめもたくさん保存していたのである。
その時私といっしょに、患者の救助、付近の人びとの治療に当たった従業員に、いわゆる原爆症が出なかった原因の一つは、「わかめの味噌汁」であったと、私は確信している。」と、著書「体質と食物」(クリエー出版)に書かれている。
「わかめの味噌汁と玄米食」で自分の結核を克服したと信じていた秋月医師は、スタッフ全員に「わかめの味噌汁と玄米食」を勧めていた。また砂糖(甘い物)は避けるように指示した。そのおかげで、医師・看護師らは獅子奮迅の働きで多くの命を救い、原爆症を発症したスタッフは一人もいなかったという。
味噌(大豆)のたんぱく質やビタミン・ミネラル、わかめのミネラル(ヨウ素やカルシウムなど)・繊維、玄米のビタミン・ミネラル・ファイトケミカルフィチン酸・フェルラ酸など)等々の総合力によって放射能の害を抑えたとしか考えられない。
広島の原爆では、9歳で被爆した少女が玄米食で奇跡的に回復し、その後結婚されて7人もの子宝に恵まれた。佐和子さんは外で遊んでいる時にピカドンの爆風で飛ばされ、屋根から転がり落ちて我に帰った。足の裏まで焼けた全身やけど(髪の毛も眉毛も黒こげ)のなか、必死の思いで母親を見つけ出した。
全身に水をかけられ病院に運ばれ即入院。奇跡的に一命を取りとめたものの、ケロイド(やけどの傷跡)は切っても切っても盛り上がり、夏場はその傷口からウジがわいて、そのウジを取って暮らすのが辛かったという。高校生になるまで、母親は佐和子さんに鏡は一切使わせなかった。
こんな醜い顔では結婚もできない。原爆症で白血球も肝機能も低下し、生きる支えはただ一つ、勉強して研究者になり原爆・放射能の研究をしようという思いだった。彼女は猛勉強をして広島大学工学部に入学、放射能の研究一筋の生活に入った。そして玄米食をしていた平賀先生と巡り合う。
先生は暇さえあれば佐和子さんを山へ連れ出し、山菜や薬草を取りに行き、「玄米を食べて治らない病気はない。身体の浄化作用をするのは玄米の働きだから、玄米を食べれば原爆症だって治る」と言って玄米食を勧めた。
その言葉を信じて玄米食を始めた佐和子さんの身体に、数カ月で変化が起きた。あの焼けただれたケロイドの皮膚がポロポロと剥がれ落ちてきたのだ。髪の毛も眉毛も元通りに戻った。そして平賀先生と結婚、なんと7人の子供を生み育てたのだ。これも命ある玄米や野菜・海藻の総合力以外の何物でもない。
最後に秋月医師の著書より。「日本人は米・麦が主食で、副食として何が一番優れているかを考察すべきである。米・麦飯には、やはり何といっても、油揚、わかめの味噌汁が傑作である。」

食生活は種々の食物の総合力であることは明らかです。
自身のカラダは自身が食べたものでできています。だから生活習慣病と言われる起源はそこにあるのです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 免疫力を上げる方法】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

免疫力を上げる


免疫力が低い人って体温が低いから外部から細菌が入ってきて、それを出すために炎症が起こるのです。

まず体温を上げて入ってこないようにするのが一番。

炎症が起これば、起こしておけば細菌を高熱で消滅させようとしているのであり、自身の体温を上げる作用が働いているのです。

それをクスリで抑えようともするなら、人間本来が兼ね備えている機能をクスリでやっつけているのと同じ。抵抗力や免疫力をも下げてしまいます。

こういったことは現代医学では一切説明しません。あくまでも科学的に根拠がなく実証されない事例については、明かさないのであり、あかせないのです。

現代医学のいいところもたくさんあります。対症療法なので突発的な事故による損傷などの治療においては素晴らしい事例がたくさんあります。

疑問の余地が残るのは生活習慣病への対応です。

動物も不具合が出ると食欲がなくなり、じっとして治そうとします。それが生き物本来の免疫力なのです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 朝食を摂ることがカラダに負担である理由】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

朝起きて間もない臓器は日中の半分以下しか機能していません。


朝は胃腸がまだ充分に覚醒しておらず、そこに食物を詰め込むと、負担が大きくなりすぎて、消化が充分になされない事があります。

太陽が中天に達するまでの時間は老廃物を排出するのに適しているのです。


午前中は主に排泄器官が働く時間で、夜寝ている間は排泄器官も休んでいます。


この排泄しなければならない朝の時間帯に食事を摂ると、自動的に消化吸収が始まり、胃や小腸に血液が集中するため、毒素や老廃物の排泄が充分行えなくなってしまいます。

飢餓の歴史が長かった人間の生理作用には、吸収は排泄を阻害するという鉄則があり、食べ物が消化器官に入ってくると、自動的に排泄よりも消化吸収を優先させるのです。


その結果、毒素の排泄は充分に行われなくなり、血液中にも毒素が残る事になります。


その汚れた血液が体内を巡る事によって、種々の病気の発症の引き金となるのです。


少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 医療の実態を知らないあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

医師の内海聡先生の話しから。

しかし何度も同じことを書きますが、安全で安価な効果的な健康法は医学会は全力で阻止します。断食法がその代表ですね。

医学会が賛同するのはいわゆる数値が下がるが危険極まりない薬品です。

その代表がコレストロールに対するスタチン剤であり、高血圧に対する降圧剤です。しかし意外と話題になりませんが、いわゆる血液をサラサラにする薬、ワルファリンやアスピリンも危険極まりありません。例えばアスピリン服用している高脂血症の方が指先を包丁で切った場合ドバドバと出血して止まりません。当たり前です、アスピリンは血液凝固作用を失わせるのです。もしこれが脳動脈で起これば・・・結果はいうまでもありません。
脳出血疑いの場合まずCT検査施行するのですが、アスピリン脳出血はもう目も当てられません、普通じゃ考えられない状態になります。

確かにアスピリンは血液をサラサラにするので血栓予防になり脳梗塞心筋梗塞リスクは低下しますが脳出血死亡率は激増します。

そもそも血液をサラサラにしたいのなら空腹時間を長くすれば良いだけですよね。

しかしクソ日本医療はいつまでも一日三食しっかり食べましょうと馬鹿の一つ覚えを繰り返します。

この国の医者も・・・そして患者もアホだらけです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 少食でも快適な人生がおくれるメカニズムとは】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

「数十年間、ほとんど、水とわずかな野菜などで過ごしている人」を、本やネット情報から、そういう人がいるのは知っていましたが・・・とても理解できず、ほとんどデマだろうと思っていました。

しかし、そのメカニズムがそれとなく解りましたので、ちょっと記事にしてみました。。。

それは、実に理想的な身体維持方法で、現代医療がほとんど似非物というのが露になるためか、医療利権輩が決して触れない内容のようです。

だから、みんなよく知らないし、胡散臭く思うように、誘導されているのです。

現代医療が隠蔽するということは、その利権を守るためだからでしょう。

かれこれ、民間人が考えた素晴らしい治療法は、見えない圧力で、ことごとく消してきましたから・・・

私達の体は、実は自分自身だけで生命を維持していなかったのです。

つまり、細菌類という生命体の労働力を借りて、二人三脚で生きていたのです。

細菌(善玉、悪玉)の質や量の細菌バランスが、理想状態にあるとき、ほとんど食べなくても生きられるということだったのです。

象や牛が、食べるのは草だけ!です。

草だけの食事であんな大きな巨体になるのも、全て腸内細菌が、神秘的な仕事をしていたからです。

植物にしても、小さな種が育って豪快に実がなるのも、微生物の仕業だったのです。

身体を構成する物質を、食べなくてよいということです。

つまり、微生物は人体パーツ、骨や皮膚、筋肉、血など・・・、全く違う物質から、原子レベルで作り上げているということです。

微生物は、自然塩に含まれるナトリウムを餌に、全く別のミネラルを自在に作っていました
驚愕の原子転換 ⇒ 塩で身体が作られていた勘違いの、、、例えば・・・骨の主成分は、カルシウムです。

だから、

「骨になるから、牛乳を飲んでカルシウムを取りましょう!」なんていう通説が当たり前のようになっていますが、それは、乳製品企業の洗脳でしょう。

確かに牛乳には、カルシウムが豊富に含まれていますが、それは、イオン化カルシウムと言って、水に溶けるカルシウムで、実に最悪なものなのです。

人体の中は、どうなってるかといいますと、牛乳を飲むと、逆に、急激にカルシウムが入り体内はパニック状態、調整のため、体内のカルシウムを放出してしまうんです。

そう、身を削り滅ぼす、悪のカルシウムがイオン化カルシウムです。

ちなみに、牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロするとか、下痢になる方が少なくないようですが、それは人体の拒絶反応、腸が危険を察知し、人体を守るため強制排除をしているのです。

牛乳はそもそも体温が人間とは違う子牛の飲み物で、人体に全く合っていない飲み物ですので、お子様などに無理やり飲ませるのは、虐待同然なのです。

つまり、牛乳を飲むと、腸内微生物は、大パニック、瀕死状態になるのです。学校給食に牛乳やパンが付くのも、業界の圧力ですね。

こういった食料系巨大企業による売るためのミスリードは、非常にたくさんあります。

人体は、全く別の栄養素を微生物が錬金術のごとく、身体パーツを作るのが、本質だったのです。

「コラーゲンたっぷり、お肌つるつるになります!」などテレビショッピングでよく見かけますが、コラーゲンをいくら食べても、お肌には届かず、一旦、腸内細菌で、こっぱ微塵に分解されてしまいます。

体内で合成作成したコラーゲンのみ、自分自身で作ったコラーゲンのみ、お肌になるのです。

つまり、健康食品系は、嘘つき、悪業ビジネスということになります。

このように、テレビ情報は、ニュース、CM、健康情報などあらゆるものは、大企業が儲けるための情報ですので、私達が授かる価値は、ほとんどありません。

テレビ情報を見て、調べ直すこともせず鵜呑みにするから、病気に巻き込まれるのです。

例えば、健康診断、ワクチンを推薦する番組が、近年、盛んに放送されますが、それは、健康体の私達庶民を巣食うためで、お金と命を奪う悪行でしかありません。

そうして医療に関われば関わるほど、アリ地獄のように病気地獄になります。

一方、野生の草食動物、牛や象は、テレビ、新聞を見ず、獣医にも行かず(当たり前)、野生に生える同じ植物ばかり食べていますが(極度の偏食)、偏食による病気にもなりませんし、生活習慣病にもなりません。

「野生の動物と一緒にするな!」と人間は考えてますが、それこそ洗脳論であり、野生動物こそ、本質を本能のまま動いていて、全く洗脳されていないのです。

一方大企業傘下にいる、先進獣医療や人的食事を受ける動物園やペットの動物は、人間と同じようにガンなど生活習慣病になっています。

まさしく、医者大好きの先進国民と、医者のいない発展途上国民の関係と同じです。

発展途上国民は、野性動物同様、生活習慣病がありません。

発展途上国民とは、大企業商品とは無縁の世界にいる人のことで、彼らは古来から伝わる伝統の食事を貫いています。

それは、実に神秘的に体内微生物のえさとなる食べ物を上手に食べているのです。

そして食べ物の種類は極僅か、日本の食事とは対極にあり、栄養学、カロリーなど全く知らない人々ですが、ガンや痴呆等まったくありません。。

こんな微生物論が正しいとすると、現代の栄養学、カロリー計算も、全くの嘘の健康理論になります。

カロリー、カロリーとやたら健康管理には持ち出されますが、健康の本質から目を逸らしているようにしか思えません。

つまり、西洋医学も栄養学も、利権輩が作った似非ものなのです。

栄養学どうりに食べていたら、錬金術師は、どんどん減っていきます。

ただし、急に少食を始めてもいけません。

現代人は、スーパーの食材がほとんどで、つまり、防腐剤、酸化防止剤、農薬、着色剤などを食べていることになり、ほとんどの方が便秘傾向、つまり、腸内細菌バランスがかなり壊れているのです。

少食は、腸内細菌をきちんと理想状態に整えてからです。

人間300万年の歴史がありますが、その299万9千数百年以上は、、飢え状態または、粗食でした。

人間の歴史は、飢えの歴史で、ほとんど食べないで生きる知恵が、人間のDNAには、長い歴史の中で備わっているのです。

水さえあれば、食べなくても全然平気です。

それが現代は、過去に比べて、圧倒的に食べすぎでしかも、脂肪、炭水化物ばかり食べています。

栄養は偏り、化学処理した食材を食べすぎに対して、化学物質に対して、未知との遭遇、体は、対応できていないのです。

人間の歴史に短く、近年の激変した食事に、体内はパニックになっているのです。

これだけの食べすぎにDNAが追いついて、体が順応するのに、最低100万年かかるそうです。

私達は、体を構成する物質を食するのではなく、腸内微生物のえさとなるものを、供給しなければいけないのです。

 

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎