読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 煮詰まってアイデアが出ないあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。


煮詰まったら歩け!

何時間も机に向かって苦闘してもアイデアが全く思い浮かばなかったのに、歩きながら考えると素晴らしいアイデアが思い浮かぶ事があります。

セロトニンが活性化して気分転換され、脳が緊張から弛緩に変化したため、アイデアが思い浮かびやすくなるのです。

机に向かった緊張状態を解放し、散歩によってセロトニンの力を借りる事で心理状態を意識的に弛緩させると、煮詰まり状態から簡単に脱出する事ができて、思わぬアイデアが思い浮かぶのです。
人は歩いている時、自然と考え事をする事が多く、歩くと足の裏や下半身の様々な筋肉から神経刺激が大脳新皮質に伝わり、その過程で脳幹を刺激します。

実際、歩く事でふくらはぎの筋肉を使い、血液を心臓へ送り返して血行を良くし、脳に血流を送る事ができます。

血流が良くなれば、脳の回転数も上がるという訳です。
足や手や口を動かす運動系の機能は、脳の表面中央付近にあります。

その脳を充分に働かせるという事は、そこに至る脳の血流を良くするという事なのです。

特に足を動かす機能は、頭頂部に近い所にある脳領域が担っているので、よく歩いているうちに、血流が脳の高い所まで汲み上げられます。

歩くことは、足を中心とする全身運動なので、脳全体に血液が巡りやすくなります。

散歩をした後に脳が働きやすいのは、そういう理屈からなのです。

足と脳は連動しているため、足から脳を活性化しようするのです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 朝の運動がカラダにいい最大の理由】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

朝に運動をする最大のメリットは、血液の巡りが良くなって、脳に酸素が良く回るようになることです。
脳が活動するには酸素が必要となり、酸素は血液によって脳に運ばれ、運動をする事によって心臓から脳に血液が送り込まれるので、良いコンディションで仕事ができるようになります。
朝の運動によって代謝が上がると、その効果は夕方まで続き、血液中のブドウ糖のエネルギー使用率が高くなります。
前頭葉で行われる人間に特有な高度な働きを
エグゼクティブ・ファンクションと言います。
習慣的な運動はエグゼクティブ・ファンクションの
発達に大きく貢献しています。
ここで肝心なのは心拍数をある程度上げられる運動、つまり少し大変と感じるくらいの運動をすることです。
20分間の軽い運動をした後の3~4時間は前頭葉の活性が上がり、集中力、考察力、認知能力が高まります。
運動する習慣には脳そのものを強化し、疲労や不安を感じにくくさせる働きがあります。
運動習慣は脳の成長因子を増やし、加齢に伴って減少するはずのニューロンを増加し、脳の働きそのものや脳容積を維持・改善する効果があります。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 一日一食がカラダにもっともいい理由】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

一日夕食だけ食べるのが理想

摂取した食べ物が完全に消化吸収されてから排泄し終えるまで約18時間かかります。

一日三食だと胃腸を休ませる時間がなく、内臓を酷使する事になり、食事と食事の間隔を18時間以上あけるためには、一日一食にする必要があります。
通常、人間は朝から夕方まで働きます。

食後の労働は胃腸に負担をかける事になるため、朝も昼も固形物はなるべく食べない方がいいのです。

つまり、夕食のみの一日一食が最も理想的なのです。
食事をすると、その消化のために血液が胃腸に集まり、その分、脳や筋肉に回る血液が少なくなるので、眠くなったり、だるくなったり、頭の回転が鈍くなったりし、眠い状態で仕事をするとミスや事故が起こりやすくなります。

そういったことからも、食事は一日の労働がすべて終わった夜の時間帯にするのが理想的なのです。
病気の原因の99%は、体内に溜まった毒素です。

健康のためには、栄養の摂取よりも毒素の排出の方が重要です。

毒素の排出量が、昼食と夕食の一日二食の場合を100%とすると、
朝食と夕食の一日二食では66%、
朝食と昼食と夕食の一日三食では75%、
午後三時過ぎの一日一食では127%で、
夕食のみの一日一食が最も毒素の排出量が多いのです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ カラダ動かしてますか?】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

カラダ動かしてますか?

脳を活性化するには、頭を使うトレーニングが効果的と思われがちですが、
実は、手足を動かす事ほど脳の活性化に繋がるものはありません。

最新の脳科学によって、運動をして筋肉を動かす事で、
脳の神経成長因子が35%も増える事がわかっています。
古代ギリシアの哲学者アリストテレス
歩きながら講義や討論を行っていました。

運動と思考を結び付けると非常に効率が
いい事を体験的にわかっていたのだと思います。
作曲家のルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンも、
散歩をしながら傑作を生み出した事はよく知られています。
アップルの創業者スティーブ・ジョブズ
フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ
ツイッターの創業者ジャック・ドーシー、
マイクロソフト日本法人の前社長ダレン・ヒューストン、
アメリカ合衆国第44代大統領のバラク・オバマなどは、
散歩ミーティングの実践者として知られています。
歩きながらミーティングを行う事で、
独創的なアイデアが生まれやすくなります。
天才たちは
「散歩は最強の脳トレである」
という事を知っていたのです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎
<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NQUMK+AV5T82+1O9Q+6F1WH" target="_blank">
<img border="0" width="125" height="125" alt="" src="https://www26.a8.net/svt/bgt?aid=160816268657&wid=001&eno=01&mid=s00000007811001078000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www16.a8.net/0.gif?a8mat=2NQUMK+AV5T82+1O9Q+6F1WH" alt="">

【健康コンシェルジュ がんと冷えの関係を知らないあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

冷えとガンの関係

がんに侵されない臓器があるのをご存知ですか?

実は心臓と脾臓はガンに侵されません。

心臓は体温の約11%を生産しており、脾臓はリンパ球や白血球などを生産し、赤血球を貯蔵している赤い臓器で、温度が高いのです。

このように温かい臓器はガンになりません。

ガン細胞は35度の時にもっとも増殖し、39.3度以上の高熱になると死滅するのでがん治療法の一つに発熱療法があります。

マラリアにかかって発熱し、マラリアが治った時にガンも消失したという事例もあります。

体温が低いといろんな症状を引き起こしてしまいます。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 水分をしっかり摂っているあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

水分の摂りすぎに注意

気温が高くなってきました。

昨日もおおかた30℃に届くような陽気でしたね。

暑くなってくると水分補給が多くなります。

血をきれいにするとか、血をサラサラにするということで水分をしっかり摂るようにと最近言われていますが、水分を摂ったからと言って血がきれいになるわけではありません。

血液量は増えても水分が増えた分だけ体温も下がり冷やしてしまい、血管を収縮させる原因にもなってしまいます。

そうなれば血圧が高くなってしまい、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。

食生活を改善し健康体になると、水分補給も必要最小限ですむようになり、汗もそれほどかかなくなりました。

水分補給は気温が高い時でもあたたかい紅茶をオススメします。

体温を上げ、免疫力や代謝力を上げましょう。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 自身のカラダを知ってますか?】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

今日は京都東寺の弘法さんと言われる市が開催されてます。

21日の弘法大師の入定された日にちなみ、毎月開催されています。

境内にはところ狭しと露店がならび、朝早くから買い物客であふれています。

食料品から切り花、骨董品や健康マッサージなどあらゆるお店がありますので、ぜひ一度足をお運びください。

その市を見ながら思ったことなんですが、自身のカラダに感謝しているか?

食生活改善するまでは、栄養を与えることがカラダにいいことだと思っていました。

一日三食食べる、規則正しい食生活を送る、それがいつの間にか三食プラス間食をし、会食などのお付き合いで二次会、三次会と行っては口に食べ物を運ぶ。

それが負担となり、カラダの不具合のサインとして諸症状を引き起こしていたんですね。

その食生活にいつ気づいて改善するかが、あなたのカラダをリセットし、カラダ本来の機能を回復できるようになるのです。

食生活の改善は現代人に求められています。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎