読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 一日三食食べるのが当たり前とまだ思っているあなたへ】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー・パーソナルトレーナー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

一日三食の生活が当たり前になっていますが、なぜか生活習慣病を含む病氣になられてる方々が増えており医師の数が足らないのは、どうしてなのでしょうか?

昔から、
「腹八分目に病なし」
「腹十二分に医者足らず」
と言われてるように、今の生活は腹十二分の状態なのです。

食べすぎは免疫力の低下を招き、病氣や肥満、むくみや皮下出血のようにさまざまな信号を出して、今の体内の状態を教えてくれます。

一日三食は代謝力が落ちはじめている成人には多すぎるのです。

基準を見直す時期にきているのかもしれませんね。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー、パーソナルトレーナー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ ほんとうにカラダにいいことって?】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー・パーソナルトレーナー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

ほんとうの意味でカラダにいいことしてますか?

第二次大戦後数百人しかいなかった糖尿病患者さんが、現在では予備軍も含め2200万人もいたり、高脂血症患者さんは3200万人、高血圧患者さんは減塩教育されてるにもかかわらず約4000万人とその数はこれからもまだまだ増えていく様相です。

これだけ成熟した国になり、さまざまな先進の情報が溢れているのもかかわらず、病気の患者さんの数が増えているということを鑑みてみると、今の健康知識に一石を投じざるを得ません。

少食がカラダにいいというのは、我々人間のカラダの生理は空腹の時こそ正常の働きをすることを知っているからです。

お腹がすいたからすぐに食べずに、しばらく空腹のまますごす時間を増やすことで、代謝力、免疫力が増進し、上記のような生活習慣病も予防できてしまいます。

ここで一言付け加えるなら、これを続けてくださいね。

思いつきでやるだけでは、カラダもいい効果を期待できません。

ココ大事です。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー、パーソナルトレーナー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 空腹感ってお腹がすいたからじゃない?】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー・パーソナルトレーナー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

みなさんは、「お腹がすいた」ということは、胃腸の中に食べたものが消化され、空っぽになったからお腹がすいたと思われているでしょう。

小さい時にそう教えられてきたから。

無理もありません。

しかし、実はお腹が空く=空腹感はそうじゃないんです。

胃腸の中に食べたものが消化されてなくても、空腹感は発生します。

空腹感は血液の血糖値が下がることで、脳の空腹中枢がお腹がすいたと感じる感覚なのです。

それを短絡的に、なにも考えることなくなにか食べようとします。

「一食でも食べないと大変なことになる」と思っている方たちや、健康をそこねるという警告を発する医学者や栄養学者がおられますが、これは感情論にすぎません。

三食しっかり食べてるのに痩せないとお嘆きの方、一度少食を実践されることをオススメします。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー、パーソナルトレーナー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ セミナーご参加ありがとうございました】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー・パーソナルトレーナー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

昨日は少食健康セミナーを開催しました。

健康に関するお仕事をさせていただいてるので、カラダの話は毎日のようにしているので慣れているのですが、参加していただいた方はそんな話はまったくされたことがなかった様子でしたので、非常に新鮮な空気の流れる中で、関心を持って耳を傾けていただけた様子が、わかるセミナーでした。

このまま少食の大切さを実感していただき、より健康なカラダ作りに励んでいただければ、主催としてうれしいです。

ご協力、ご尽力いただきました皆様にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ いいパフォーマンスしてますか?】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

本格的な春を迎えました。

昨日今日と京都はいいお天気です。

寒い時期はなにやら押し込められていたような閉塞感を伴っていましたが、暖かくなりいよいよカラダも本格的にいいパフォーマンスができそうな予感。

観光客もかなり多くクルマも多いここ京都です。

寒いときも暖かいときも食欲って同じなんですね。

なにかと理由をつけては結局食べているんです。

食べているときは幸福感いっぱいですが、それと同時にカラダへの負担をかけているのも事実。

健康や食生活の基本がずれていると、病氣にもなってしまいますので、加減を知る食生活をお続けくださいね。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることを
オススメします


肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております

3月19日日曜少食健康セミナー開催
詳しくはこちら↓
https://kenkotoyonaka.jimdo.com/


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ 正しい健康法って?】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

正しい健康法とは

インターネットやマスコミ、書籍などいろんな情報が山のようにあふれていったい正しい健康法ってなに?と思われている方がほとんどではないでしょうか。

どれが本当に正しいの?
どれを信じたらいいの?
なにから始めたらいいの?

ただ振り回されるだけでなに一つ解決されてないのが実情ですね。

この問いかけにはひとつだけ言葉が足りません。

それは、

あなたのカラダにとって

これなんです。

そうすればおのずとわかってきますよね。

アナタのカラダの健康状態が一番いい状態にしている健康法がアナタにとって正しい健康法なのです。

ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることを
オススメします


肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております

3月19日日曜少食健康セミナー開催
詳しくはこちら↓
https://kenkotoyonaka.jimdo.com/


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎

【健康コンシェルジュ ホンモノの塩を摂ってますか?】

おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
少食アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。


大方の方が信じ込んでいる認識に「塩分の摂りすぎは体に良くない」ということがあります。
詳しく言うと、それは間違いです。

摂りすぎると良くないのは、科学的に合成された『塩化ナトリウム』や、添加物を含んだ塩、窯で煮詰めて高温で酵素やミネラルが破壊されてしまった塩の事です。

海水を天日で干しただけの塩は、むしろ積極的に摂られる事をオススメします。(ただし、どんなに体に良い物でも限度を超えると毒になります)

人間の血液は、海水とほとんど同じ成分であって濃度が違うだけなのです。

そのため、大昔には『血液を抜いて、薄めた海水に入れ替えて様々な病気を治した』方もいらっしゃったと聞きます。

現代人は、逆に『塩分不足』による疾患も増えている様に思います。

筋肉を動かすにも、神経伝達にも・・・体を機能させるには『ナトリウムイオン』が不可欠です。

そんな不可欠な物質を控えていれば、機能不全になるのも当然です。

たかが塩、されど塩ですが、昔は『同量の金と交換された』ほどの価値のあるものだと言ってた事を思い出してください。


ご自身のカラダと向き合った食生活を送りませんか。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることを
オススメします


肥満指導や生活習慣改善指導も
行っております

3月19日日曜少食健康セミナー開催
詳しくはこちら↓
https://kenkotoyonaka.jimdo.com/


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
少食アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎