生活習慣病(ガン・糖尿病・高血圧・痛風・肥満etc)を本氣で治したいあなたへ

生活習慣病カウンセラー・少食アドバイザー三双としろうのブログ。糖尿病・痛風・高血圧・肥満などでの体調改善はおまかせください。

【健康コンシェルジュ 80年代アイドルがガン宣告】

こんばんは

おつかれさまでした。

 

 

 

あなたのしあわせな健康ライフを応援します

食生活改善アドバイザー

【 三双(さんそう) 敏郎】です。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 


堀ちえみ 口腔がん闘病を公表 
ステージ4「かなり厳しい状況」も「私は負けません」

 

 


タレントの堀ちえみ(52)が19日、
自身のブログでがん闘病中であることを公表した。

 

詳しくはこちら↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000077-spnannex-ent

 

 

口腔癌により芸能活動休業
2019年2月19日、自身のオフィシャルブログにて
口腔癌(舌癌の一種)に罹りステージ4と診断され、
左首のリンパ節にも転移している事が判明。

ブログ公表当日に入院、手術も控え当面の間、
芸能活動を休業・療養専念を発表すると発表。

昨2018年の6月頃に、舌の裏側に小さな口内炎に気付いて、
通院治療を続けていたが、当初の堀は2016年から
患っているリウマチの治療薬の副作用からでは、と判断されていた。

 

同年7月に一旦症状は治まったが、
10月に入ると大きな口内炎が再発。


それ以降は痛みが酷くなる一方で、
年明けからは更にしこりが増加し会話や食事も辛くなり、
激痛で不眠にも悩まされていたという
<転載終わり>

 


いい結果になることを、、、

 

 


やるかやらないか

そして信じるも信じないもあなた次第

 

 

 

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

 

 

 

少食は代謝力を上げる原動力です。

 

 

空腹力

http://amzn.to/2jJaVQC

 

 

 

少食を生活の基準にすると今よりも

免疫力や代謝力を促進し、健康体を

作り、病氣にもなりにくい

カラダになります

 

 

少食を実践されることをオススメします

 

 

本日もご覧いただき

ありがとうございました

qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

【健康コンシェルジュ フードロス以前に食べないこと】

こんばんは

おつかれさまでした。

 

 

 

あなたのしあわせな健康ライフを応援します

食生活改善アドバイザー

【 三双(さんそう) 敏郎】です。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

フードロスとは

賞味期限切れや食べ残しなどにより、
まだ食べられるにもかかわらず廃棄される食品のこと。

 

 


国際連合食糧農業機関(FAO)による造語で、
日本では「食品ロス」とも呼ばれる。

 

 

世界全体のフードロスの量は、
生産量の3分の1に及ぶ年間
約13億トン(2011年FAO調査報告書)。

 

 

日本では年間約1700万トンの食品廃棄物のうち、
500~800万トンがフードロスによるものと
推計されている(10年度農林水産省推計)。

 

 


フードロスは食料資源の効率性を低下させ、
廃棄処理における環境への負担も大きいことから
深刻な社会問題となっており、FAOや
国連環境計画(UNEP)などの国際機関が
中心となって対策を講じている。

 

 


日本では12年から国と食品業界が連携し、
フードロスの大幅な削減に向けた取り組みを実施している。
<転載終わり>

 

 

 

食べ物を残しては
もったいないといわれるこの時代。

 

 

飽食といわれる時代に
わたしは少食を掲げています。

 

 


もちろん
食べる量も少食だと自然に減ってきます。

 

 


それで十分なのです。

 

 


フードロスを掲げる前に
自身の食欲をコントロールしてしまい
極端な話、
一日一食でなくても
二日で一食でも問題ない生活を
送れるようになります。

 

 

 


食べたいときに
ちょっとつまむ程度で十分です。

 

 

 

やるかやらないか

そして信じるも信じないもあなた次第

 

 

 

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

 

 

 

少食は代謝力を上げる原動力です。

 

 

空腹力

http://amzn.to/2jJaVQC

 

 

 

少食を生活の基準にすると今よりも

免疫力や代謝力を促進し、健康体を

作り、病氣にもなりにくい

カラダになります

 

 

少食を実践されることをオススメします

 

 

本日もご覧いただき

ありがとうございました

qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

【健康コンシェルジュ 朝食が身体に向いてない理由】

こんばんは

おつかれさまでした。

 

 

 

あなたのしあわせな健康ライフを応援します

食生活改善アドバイザー

【 三双(さんそう) 敏郎】です。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食有害説


仏教には「朝は少食、昼は正食、夜は非食」という言葉があります。

釈迦の言葉に、一日の食事を朝=一、昼=二、夜=三の合計六と考えて、
これを三に減らす事が健康に繋がるという教えがあります。

 

一日三食という食生活は200年にも満たない浅い習慣です。


人間の食生活が一日三食になったのは近年になってからで、
それまでは昼食と夕食の一日二食が主流でした。

人間にはもともと、朝食という習慣がなかったのです。

人間が朝食を摂るようになったきっかけは、
トーマス・エジソンが発明したトースターを売るために
販売業者が朝食必要論を提唱した事がきっかけであると言われています。

 

日本においても江戸時代中期までは原則として一日二食で、
一日三食になったのは元禄時代になってからです。

 

醸造酒の多量生産によって玄米を精製して白米にする事が一般に普及し、
一回の食事の栄養価が低下した事が大きな原因だと言われています。


最近、農林水産省が朝食推進運動を必死になって展開していますが、
それは国民の健康を考えているのではなく、経済効果を狙っているからです。

全国民が朝食を摂る事によって、年間で1.5兆円が業者の懐に入り込むそうです。

経済界の言いなりの厚生労働省は、少食推進運動なんて絶対にしません。

朝食を抜く人間が増えると、食品業界、薬品業界、医療業界に大打撃を与え、
先進国の経済発展の阻害要因の一つとなる事でしょう。

朝食信仰や一日30品目は資本主義経済が生み出した幻想です。

本当は朝は食べない方が健康でいられるのです。

 


1971年にカナダのブラウン博士が、
朝はモチリンという消化管ホルモンの分泌が増える事を発見しました。

モチリンの分泌が増えると、腸の蠕動運動が促進されます。

ところが、このモチリンは食事を摂ると分泌量が減ってしまうのです。

だから、モチリンの分泌が増える朝の時間帯は、食事を摂らないのが正しい選択だという事です。

 

 

朝は胃腸がまだ充分に覚醒しておらず、そこに食物を詰め込むと、
負担が大きくなりすぎて、消化が充分になされない事があります。

太陽が中天に達するまでの時間は老廃物を排出するのに適しているのです。

午前中は主に排泄器官が働く時間で、夜寝ている間は排泄器官も休んでいます。

この排泄しなければならない朝の時間帯に食事を摂ると、自動的に消化吸収が始まり、
胃や小腸に血液が集中するため、毒素や老廃物の排泄が充分行えなくなってしまいます。

飢餓の歴史が長かった人間の生理作用には、吸収は排泄を阻害するという鉄則があり、
食べ物が消化器官に入ってくると、自動的に排泄よりも消化吸収を優先させるのです。

その結果、毒素の排泄は充分に行われなくなり、血液中にも毒素が残る事になります。

その汚れた血液が体内を巡る事によって、種々の病気の発症の引き金となるのです。

 

本来、空腹を感じるはずではないのに空腹感がある事を偽腹と言います。

例えば、いつも朝食を抜く人が、付き合いでたまたま朝食を摂ったとします。

すると、昼にはいつもより早く、しかも強く空腹を感じます。

これは、胃腸が荒れ、胃腸の粘膜に傷が付いているために起こる現象です。

胃も腸も荒れているから、脳が胃腸に騙されて、空腹感が生じるのです。

実は、朝起きた時に空腹を感じるのも偽腹です。

いつもは夕食後に何も食べない人が、夜遅い時間に何かを食べたとします。

すると、翌日の午前中は普段より空腹を感じるようになります。

偽の食欲はそのまま辛抱していると自然に消えます。

人間の体は不思議なもので、食べるからお腹が空くのです。

半日断食して胃が治ってきたら、たとえ朝食抜きでも空腹感はなくなります。

 

午前中の活動は、前日の夜までに摂取した食事のエネルギーだけで充分間に合います。

夜は筋肉も休憩し、脳でのエネルギー消費も少なくなっていますから、
前日の夜までの食事のエネルギーは血液中にたっぷりあり、
余分な分はグリコーゲンや脂肪として蓄えられています。

血液中の栄養素が少なくなると、グリコーゲン、次に脂肪がエネルギーとして使われるので、
朝食を抜いたくらいで体がエネルギー不足に陥る事はまずありません。

 


朝食必要論者は、朝食を摂らない子供は朝食を摂る習慣がある子供よりも
学校の成績が悪いという疫学データを盾にしています。

しかし、朝食を摂らない子供の習慣の子供は、夕食を遅い時間に摂ったり、夜食をしたりと、
食生活全般が乱れている傾向が顕著な事も明らかになっています。

 

TV番組などでは、朝食に関する実験がよく行われています。

朝食を摂った人と摂らない人の午前中の勉強や運動の能力を比較してみますと、
大抵は朝食を摂った人の方が成績優秀で、それが朝食必要説の裏づけとなります。

しかし、この能力実験は条件の段階で既に公正であるとは言えません。

なぜなら、普段から朝食を摂る習慣がある人を実験の対象としているからです。

朝食の習慣がある人が朝食抜きの生活に慣れるには、通常三週間程度はかかります。

公正な実験結果を得ようと思うのであれば、朝食抜きの人の方は朝食を徐々に減らして、
朝食抜きの生活に慣れる時期を待ち、その時点で、両者の能力の比較をするべきです。

また、普段から朝食を摂らない人に朝食を与えて、その変化も調べるべきでしょう。

普段から朝食を摂らない人が朝食を摂ると、勉強や運動の能力の低下が予想されます。

 

某大学で学生を対象に行った調査では、
朝食を抜いた学生は成績が悪かったという結果が得られています。

その理由として、同大学の教授は、
脳のエネルギー源であるブドウ糖が行き渡らないためだとしています。

ところが、ここには落とし穴があります。

同教授の著書では、NHK番組『ためしてガッテン』の中で行った実験の結果を紹介しておられます。
この実験では、朝食を抜くグループは翌日の午前中にお腹が空くであろう事を考慮して、
前日の夜にラーメンを食べてもらい、エネルギーを補給してもらっているのです。

この点、条件が同じではありません。

夜食をするからこそ、翌日の午前中に集中力が低下するという事が分かっていないのです。

<転載終わり>

 

 

 

 

 

 

やるかやらないか

そして信じるも信じないもあなた次第

 

 

 

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

 

 

 

少食は代謝力を上げる原動力です。

 

 

空腹力

http://amzn.to/2jJaVQC

 

 

 

少食を生活の基準にすると今よりも

免疫力や代謝力を促進し、健康体を

作り、病氣にもなりにくい

カラダになります

 

 

少食を実践されることをオススメします

 

 

本日もご覧いただき

ありがとうございました

qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

【健康コンシェルジュ 現代の食生活を見直す時期】

こんばんは

おつかれさまでした。

 

 

 

あなたのしあわせな健康ライフを応援します

食生活改善アドバイザー

【 三双(さんそう) 敏郎】です。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

よくよく考えてみると

何度も言いますが

生活習慣病の根源的な原因は

現在の食習慣がもたらしたものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太平洋戦争後、

70年を過ぎ、戦後間もない頃からの言い伝えは

社会生活の大きな変貌があったにもかかわらず

ほとんど変えられていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうことかといえば、

一次産業が主で作業機械もほとんど人力だった

戦後間もない頃の食習慣を、

それこそ三次産業や情報社会がメインの

身体を動かさない生活習慣にいまだに当てはめている

ことが身体にとって本当にいいことなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが

代謝や免疫を落とし、

肥満体型や処方不明の生活習慣病

生み出す大きな原因になっているのではないかと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体の不具合の諸症状の原因は

食べすぎにあります。

 

 

 

 

 

 


消化も十分にしない間から
食べると、消化されない栄養素は
血液中にたまり、それが血管壁などに
こびりつき、血管のつまりを
引き起こすのです。

 

 

 

 

 


栄養も摂りすぎると
病気を引き起こす原因となるのです。

 

 

 

 


そうならないためにも
一日三食の生活から二食、あるいは
一食へシフトする時代なのです。

 

 

 

 


産業革命
IT革命、と来ましたが、
健康にすごすには
いまや
少食生活革命、の時代です。

 

 

 

 

「食べないと身体に良くない」は

病気の根源です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やるかやらないか

そして信じるも信じないもあなた次第

 

 

 

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

 

 

 

少食は代謝力を上げる原動力です。

 

 

空腹力

http://amzn.to/2jJaVQC

 

 

 

少食を生活の基準にすると今よりも

免疫力や代謝力を促進し、健康体を

作り、病氣にもなりにくい

カラダになります

 

 

少食を実践されることをオススメします

 

 

本日もご覧いただき

ありがとうございました

qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

【健康コンシェルジュ これ以上生活習慣病でかけがえのない命を落とさないで】

こんばんは

おつかれさまでした。

 

 

 

あなたのしあわせな健康ライフを応援します

食生活改善アドバイザー

 三双(さんそう敏郎】です。

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

昨日の水泳の池江璃果子選手の白血病のニュースは

世界中を駆け巡ったようですね。

 

 

 

 

 

 

 

でも

よくよく考えてみると

この症状を患っておられる方はまだまだ

たくさんおられるのではないかと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが

生活習慣病の根源的な原因は

現在の食習慣がもたらしたものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太平洋戦争後、

70年を過ぎ、戦後間もない頃からの言い伝えは

社会生活の大きな変貌があったにもかかわらず

ほとんど変えられていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうことかといえば、

一次産業が主で作業機械もほとんど人力だった

戦後間もない頃の食習慣を、

それこそ三次産業や情報社会がメインの

身体を動かさない生活習慣にいまだに当てはめている

ことが身体にとって本当にいいことなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが

代謝や免疫を落とし、

肥満体型や処方不明の生活習慣病

生み出す大きな原因になっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体の不具合の諸症状の原因は

食べすぎにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな食習慣で

あなたの命を落とさないで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「食べないと身体に良くない」は

病気の根源です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やるかやらないか

そして信じるも信じないもあなた次第

 

 

 

 

 

 

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

 

 

 

少食は代謝力を上げる原動力です。

 

 

空腹力

http://amzn.to/2jJaVQC

 

 

 

少食を生活の基準にすると今よりも

免疫力や代謝力を促進し、健康体を

作り、病氣にもなりにくい

カラダになります

 

 

少食を実践されることをオススメします

 

 

本日もご覧いただき

ありがとうございました

qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

【健康コンシェルジュ 池江さんの白血病公表】

こんばんは

おつかれさまでした。

 

 

 

あなたのしあわせな健康ライフを応援します

食生活改善アドバイザー

【 三双(さんそう) 敏郎】です。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

大変なニュースが入ってきました。

 

 

 

 

一人の18歳の少女が
白血病 と診断されたという事実。

 

 

 

 

詳しくはこちら↓

競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス亀戸=が12日、
ツイッター白血病と診断されたことを公表した。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6313621

 

 

 


白血病生活習慣病のひとつです。

 

 

 

 

こちらでいつも言ってますように
生活習慣病のおおもとの原因は

食べすぎ なのです。

 

 

 

 

推測するに
彼女たちなら体力や筋力を世界レベルで
つけようとするために、食事量も半端ない
でしょう。

 

 

 

その原因を冷静に分析すれば
治療法はすぐに判断できるでしょう。

 

 

 

当サイトでは

「池江ちゃんを救うプロジェクト」

を立ち上げます。

 

 

 


他人事ではありません。

 

 

 

こういった症状でこれ以上
悲しいジンセイを送らせない。

 

 

 

過去に
幾多の諸先輩方がこういった病状で
命を落とされたか、その過去の教訓を
人間は真摯に学ぶ必要があると思います。

 

 

 

 


やるかやらないか

そして信じるも信じないもあなた次第

 

 

 

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

 

 

 

少食は代謝力を上げる原動力です。

 

 

空腹力

http://amzn.to/2jJaVQC

 

 

 

少食を生活の基準にすると今よりも

免疫力や代謝力を促進し、健康体を

作り、病氣にもなりにくい

カラダになります

 

 

少食があたりまえの時代に、、、

 

 

本日もご覧いただき

ありがとうございました

qqax3kud@hop.ocn.ne.jp

【健康コンシェルジュ 「月曜断食」で10キロ以上やせた40代、50代、それぞれの事情】

こんばんは

おつかれさまでした。

 

 

 

あなたのしあわせな健康ライフを応援します

食生活改善アドバイザー

【 三双(さんそう) 敏郎】です。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

「何をやっても体重をなかなか落とせない」
「すぐリバウンドしてしまう…」
そんな悩みを抱える40-50代のダイエット難民の間で話題の「月曜断食」。

 

 

 

詳しくはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190211-00010648-bunshun-life

 

 

 

やるかやらないか

そして信じるも信じないもあなた次第

 

 

 

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

 

 

 

少食は代謝力を上げる原動力です。

 

 

空腹力

http://amzn.to/2jJaVQC

 

 

 

少食を生活の基準にすると今よりも

免疫力や代謝力を促進し、健康体を

作り、病氣にもなりにくい

カラダになります

 

 

少食を実践されることをオススメします

 

 

本日もご覧いただき

ありがとうございました

qqax3kud@hop.ocn.ne.jp